男性は手軽さ、女性はしっかりとした白髪染めを選ぶ傾向

OFF

男性だと、白髪が気になる・・・というよりも薄毛が悩みだという方が多いようで、育毛剤、増毛剤のほうが宣伝が多い気がします。ドラッグストアやスーパーなどではそういった商品と並んで男性用白髪染めも陳列されてはいますので、全くいないわけではありません。

男性用白髪染めといっても、女性用白髪染めとタイプが全く違うかというと、そうではありません。しかし、一般的に男性の毛髪は女性よりも太いため、成分が多少違ってきます。
また、女性用白髪染めはカラーバリエーションも豊富ですが、男性用だとブラック、ブラウン、ライトブラウンの3種類程度です。

女性用の場合、匂いが気になる方のために良い香りがついている商品も多くあります。しかし男性はフローラル系の香りなどは使いたくないという方もいるため、無香もしくは柑橘系のあっさりしたものがほとんどです。
他にも、女性用白髪染めは毛髪をケアして綺麗に染めるために工夫がなされていますが、男性用はほとんど「ラクで面倒さがなく早くできる」ことに焦点があてられています。

女性用は1剤と2剤を混合して使用するタイプがほとんどですが、男性用はすでに混合されている液をプッシュして使うという手軽なタイプが人気のようです。

フォームタイプは特に使いやすく、放置時間が短くて済むものもよく売れています。
話は変わりますが、「白髪ぼかし」という商品を知っていますか?

突然白髪を黒くするのでなく、日常的に使用していくことで少しづつ白髪に色が付き自然に目立たなくする商品です。
いわゆるロマンスグレーのような色みになり、男性では一定年齢になるとそのほうがいいという方もいます。白髪ぼかしだと、染めましたという感じはなく、自然に見えるため、白髪の量が少ない方にも向いているでしょう。

シャンプータイプ、トリートメントタイプ、整髪料のように使用するジェルタイプなど、白髪ぼかしにもいろんな使用タイプがあります。

髪へのダメージが少ない白髪染めをピックアップ

img1
白髪染めを使うと、どうしても髪が傷んでしまう事も多いですよね。
しかし、白髪染めの中には、トリートメント効果があったりして、髪のダメージがほとんどないタイプが白髪染め 市販おすすめの製品となります。痛みやすい髪質の人は、いろいろなタイプの白髪染めを使い分けながら、白髪を染めながらトリートメントもできる白髪染めも併用すると良いでしょう。

トリートメント効果のある白髪染めの多くは、昆布や植物など、自然界に存在している染料成分で白髪を染めると同時に、これらの素材に含まれている保湿成分や保水成分などを活用する事で、白髪を染めながら毛髪細胞の一つ一つに水分補給や栄養補給ができるようなタイプの白髪染めもあります。

白髪染めを比較しているサイトの中には、髪へのダメージが少ない白髪染めをピックアップしているサイトなどもありますし、ヘアトリートメントの代わりとして使えるほど優秀なトリートメント効果が期待できる白髪染めなども紹介している事も多いようです。このようなトリートメント効果があれば薄毛 対策などにも有効だと思われます。

白髪も染めてトリートメント効果もあるというと、気になるのが価格ですよね。比較サイトで紹介されているような白髪染めは、1本当たり2,000円~3,000円ぐらいする事が多いようですが、定期購入などを上手に活用すれば、もっと割引価格で購入する事も可能なようです。それに、白髪染めを使って髪にダメージを与え、そのダメージを回復するために必死にトリートメントを使う事を考えれば、白髪染め兼ヘアトリートメントが一つになってこの価格なら、それほど悪くないのではないでしょうか?